2018年6月11日月曜日

゛それぞれできることCAMPプロジェクト"の模索

今回のテーマ設定。

テーマ1、「個性派たちによるそれぞれできることCAMPプロジェクト」

(通称できキャン)の模索

昨年秋に道北BASIS の撮影でキャメルリョータのサポートへ行った。

とても素敵な空間で、そんな人と空間を作りたいと思いました。


そうそうに私の心強き仲間ゲンカンパニー宮大工ともさんに話をしたところ、


まずはやってみようということになり今回の旅へと繋がる。


単純に自分の手玉を活かして野外活動をデザインする。


そんなイメージ。


ガイドとゲストではなく、クルーとして


カヌーがあり、釣りがあり、モノづくりがあり、

料理があり、音楽がありみたいなスペシャリストが

腕を振るう空間づくりの模索を考えています。

その他にも

テーマ2、親子向けの野外活動の可能性を探る。

テーマ3、親子の時間

小学校に入り中々一緒に活動できない長男との時間も作りたいと思っていたので連れてきました。

野外活動スキルの向上もねらいのひとつ。

とまぁいろいろな思いはあるにせよ、


頭の整理は帰ってからということでまずは目の前の事を精一杯楽しむことに専念。

金曜日夕方ベースとなる鵡川着。


大雨と雷で厳しめのスタート。








少し雨が弱くなったのでタープを一つだけ設置。



焚火を前に宮大工菜箸やら、ヘラやらバターナイフやら素敵なセットをお得意のノミ作業でサクサク作る。

私がカヌーに乗ってのんびり進むことが穏やかな気持ちになるのと同じように

彼は焚火の前でモノを作るという事が自らの休まるところのように感じたし、好きなんだなと感じた。

車中泊とする。




2日目、朝ごはんをみんなで作って

宮大工ともさんは河原から仕事へと向かった、

残ったのは私と、長男そしてともさんの子ども2人。




海に釣りに行くことにした。




釣ることはできず、、、

ですが漁業組合の方が魚の仕分け作業を行っているところを見学させてもらい、

帰り際に魚を分けていただいた。食料確保!!



砂浜にはたくさんの昆布が打ちあがっていたのでそれを拾ってみた。





ベースに戻りいただいたカレイやら八角で夕食づくり。











早々と河原生活に慣れてきたのか子どもたちはすんなりテントにて就寝。

3日目。カヌー。














チームをちょこちょこ入れ替えて皆で川を下る、途中瀬もあり協力し合う大冒険。




汰知のキレのあるドローとクロスは今後さらに磨きがかかる事でしょう(笑)

帰りの車は一瞬で爆睡モード。


とりあえず3日間を過ごし、まだ形にはなっていませんがかなりの手ごたえを感じました。

面白いプロジェクトが発足できそう、クルー集めもしなきゃな。

2018年5月14日月曜日

始まりの男



高校3年生のとき専門学校の体験入学で彼とあった。

お互いに体育だけが得意という雰囲気で意気投合し、

漠然とした世界の中でアウトドア業界って楽しいと感じた。

そんな高三の夏に専門学校のミステリーツアーなるものに参加し、

行き先不明の体験入学で尻別川でのカヌーツーリングにチャレンジし

彼とタンデムで川を下った。

私にとって「カヌーって楽しい!」という感覚を共有した最初の人であり

その後同じカヌーガイド育成コースの良きライバルとして切磋琢磨してきた仲。

卒業後は別のガイド会社に入り彼はラフトやカヤックがメインとなり

私はカナディアンの道を進むこととなる。

今回久々に彼と会い「フリーランス」のガイドとしてやっていくこととした

という話を聞いた。

具体的な方向性や思考感が今どんな形なのかは全く分からないが

とにかく単純に彼がこの業界にいてくれることが嬉しい

そう思ってカヌーを始めたときのことを思い出したのでした。








2018年5月4日金曜日

下見乗り込み


リバートリップキャメルのツアー下見。


道北に比べ雪解けが早く、暖かい日が増える札幌近郊。

今年のGWは支笏湖近郊でツアーを行うということで乗り込んできた(笑)


2018年5月1日火曜日

4月の終わり


4月が終わる。

例年この時期は本州にいることが多く

久しぶりにGWをフルで支笏湖で過ごすこととなる。

「この時期の風は厄介だ」

地域の人が口を揃えて言う。

私も心からそう思う。

支笏湖のGWの風は読みにくく時に豹変する。

天気予報と、風予報と、雨雲の動きと、天気図を見て

昨日、今日、明日のざっくりとした天気の移り変わりを知る。

ピンポイントで今の天気だけを天気予報で見ると

全体がその後どうなるのかという事がわからないので

あくまで全体の動きの中で今はどの部分なのかという

予想をしている方が応用が利く。



4月前半の遠征中は野外でのコア生活。

そこから一変し、

後半は支笏湖でのスーパー短時間の体験へ。 

自分がやるべきことは何なのか。

とにかく突っ走ってきた20代、その余韻で進んだ31、32歳。

少し冷静に振り返り、人生の終わりに向けてどんな人生にしたいか

改めて方向修正を考える2018、33歳の春。



2018年4月26日木曜日

春の旅2018~家族編~⑤


名勝「天竜峡」を和船で眺めた。

本当であればハイエースの上のカヌーを出したいところでしたが

次回の情報収集のためにも今回はライン下りに。

桜前線とバッチリ合った天竜川。

この旅で一番サクラがきれいな所でした。


「暴れ天竜」と呼ばれるこの川。

雨も少なく流れは穏やかでしたが

流速ではない水の厚みを感じました。

その後南下し浜名湖にて最後の一夜。

明日は飛行機で北海道。



山と川が多かったこの旅。

最後は海で締めくくる。


翌日セントレアにて家族を下ろし、その場で安部君をピックアップ。

オフィシャルブログの①へと続くエピソードでした。





春の旅2018~家族編~④

中山道を南下。


楽し気な森が多く、美しい水を見ては近づく子どもたち。



車移動が多くなりがちな車旅。

たまには移動距離を短くして

歩く距離を増やしてみる。

森の違い、植物の違い、落ちている種の違い、動物の違い。

各々導かれる方へ進み遊ぶ。

話さずとも彼らには感じているのでしょう。



「あっ!ここだったんだ~」という発見も旅にはつきもの。

白樺湖のカヌーというのもWEBでは確か見たことが

あったのでちょっと偵察に行ってみた。

ふむふむ。

何故か堂々とではなく、ちょっと隠れながら(笑)

ちなみにツアーはまだやっていない時期でした。


春の旅2018~家族編~③


安曇野。北アルプスの山々と美しい水の街。

フラフラと走っていると何だか居心地のいい場所が出てくる。

それが今回は安曇野でした。

大王わさび園やちひろ美術館に行きたいという目的もあったのですが

そこにいる人とやっぱり山と水に心奪われました。


しぜん酵母と石窯パン「bunga(ぶんが)


大王わさび園


長男1ショット。


北アルプス展望美術館前。

気になったカフェ。気になった川。

今回は滞在が短かくすべてを見ることはできなかったので

次回は安曇野にしばらく滞在したいなと考えています。